Live A Berry

 朱志香 右代宮・現在20代目~がお送りする、 ゼーン大陸物語のプレイ日記。 ゲーム内画像の著作権は(株)アルティに帰属します。 ネタバレ等の配慮はしておりません。あしからず。 日記と関係のないコメントは、見つけ次第削除いたします。よろしく。
2017/10«2017/11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
……ねぇ、楓さん。


こんな陽月が傍にいたって、嫌だよね。


月花と風花の成長するの、見てからでもいい?
もう少し、みんなと一緒に生きていてもいいかな?


……いくつか誕生日を迎えて、陽月が召されるときには、迎えにきてね?



月花と風花の成長話をお土産に、貴方の傍にいくから。


寂しいけど、今は、頑張って生きていくから。


貴方には、また逢える。


だからもう、泣かないよ。


陽月がこんなんじゃ、楓さんも安心できないもんね?

もう、大丈夫。



………大丈夫。





「ただいま」


家のドアを開けると、なんだかいい香りがした。


「あっ、ママ!おかえりなさぁい!」


陽月に気付いた風花が走りよって来る。


「かーさま、おかえりなさい!まだ全部支度できてないの、ちょっと待っててね?」


月花がキッチンから叫ぶ。


「え、え?何?今日、何かあったっけ?」


風花にこっちこっち、とひっぱられながら、なにがなんだかわからずに問掛ける。


「うん、あのね?ママ、元気ないから、月ねーさまと二人で、ママが好きなものいっぱいつくったの!
メインはねーさまで、デザートは風花がつくったんだよ!」


言われてから改めてみると、確かにテーブルの上には陽月の好きなものばかりが並べてある。


促されるままテーブルにつくと、月花が出来上がった料理を運んできてくれた。


「あんまり美味しくないかもしれないけど…あのね、かーさま最近、あんまりご飯食べてなかったでしょ?
お腹がすくとね、哀しい気持ちも倍増しちゃうの。だから、いっぱい食べて、元気だしてもらおうと思って」


月花が微笑んで、ナイフとフォークを差し出す。


……そういえば葬儀からこっち、ほとんど食事なんてしてない。


通りで、マイナスの考えしか出来なかったはずだ……なんて、今更の言い訳なんだけど。


二人の視線を受けながら、料理を口に運ぶ。


「……美味しい。月花、いつのまにこんなにお料理上手になったの?」


言うと、月花の笑顔がぱっと輝いた。


「わぁい、よかった!ほら、ふーちゃんも食べて!」


本当に嬉しそうに月花が微笑い、風花も笑顔で料理を食べ始めた。


こんなに温かくて優しい時間は、久しぶり。


スポンサーサイト
     
葬儀から何日経っても、悲しみは増すばかり。


二人で行った庭園も

みんなと一緒に仕事した畑や森も



どこをみても、淋しくて哀しいだけ。




……楓さん。


もう、陽月は、貴方のいない世界に耐えられない。









思い詰めた陽月はある日、竜堂家の家のドアを叩いた――
     
娘たちが出かけて、静かになった家。


……こんなに、がらんとしてたっけ?
部屋を見回して、そんなことを思う。


青年になってすぐの頃から二人で住んでいた家は、娘と三人では広すぎて、悲しい。



『…女の子の独り暮らし…心配だなぁ…ねぇ、お兄ちゃんと一緒に暮らそうか?』



そういって、この家に呼んでくれたときから、いつも一緒だった。


陽月の想いに、いつまでも気付かなかった、鈍い人。

だけど、いつも傍にいて、一番沢山、愛をくれた人。

鈍くても大好きだった。
本当に、愛してた。




……心に穴があいた様って、こういうことをいうのかな。




布団に座り込んで、ぼんやりと部屋を眺める。



片付け忘れた、このピンクの布団も

おひざだっこしてもらったソファーも


…何もかも、色褪せて見えた。









     
……ねぇ、楓おにーちゃん?


おにーちゃんは、幸せでしたか?


陽月は、貴方に愛されて、貴方と共に生きることが出来て、とても幸せでした。

貴方と過ごした日々は、かけがえのない宝物です。


貴方がくれた愛に、陽月は応えることが出来ましたか?

陽月は我儘で甘えてばかりで、迷惑じゃなかったかな?


貴方を少しでも、幸せにできたかな?




……ねぇ、楓さん。


楓さんがいない世界で、陽月は、どうやって生きていけばいい?


何時までも、貴方と共に生き、貴方と共に在りたかった。


貴方の欠片なんて、本当は要らない。


誰も、何も、代わりにはなれないもの。


陽月には、楓さんしか居ないの。
楓さんと一緒に居たいの。


ねぇ、陽月も一緒に連れていって。
陽月を置いていかないで。


楓さんがいないと、陽月はきっと、生きていけない………









     
よっ、おひさし!!

・・・っと、元ネタの挨拶?してみたぜ!!

グゥレイトォ!!とか、一回くらい言ってみたらよかったかな・・・とか、思う。
でも、「俺」のキャラに合わなかったかな・・・とか・・・


・・・まぁ、いいか。




それより、本日掲載するSSの説明をするぞ。


・・・この、「HEAVEN」は



リアル元旦にケヤトロに旅立った「楓・氷室」さんと
その妻「陽月・氷室」さんの話だ。



・・・俺は、この夫妻が大好きだった。



・・・この夫妻のおかげで(むしろ、この夫妻のせいで?)喧嘩したこともある。

(・・・なに?お前がぼーっとしてたからだろうって?・・・そんなこと知るかっ・・・・)




・・・でも、実は・・・


人目をはばからぬこのバカップル夫妻



・・・俺の憧れだった。


・・・いろいろくだらないことであたり散らしてごめん。
俺が表現できないことを素直に表現できることが、羨ましかっただけなんだ。





だから、このSSで謝罪を・・・と思ったら、
これを書いた際、
lこれを先に読んだ陽月に泣かれた上に、
「ディアお兄ちゃんのばかーーーー!!」と罵られました。


。・゚・(ノД`)・゚・。ばかーーー(陽月)
Σ( ̄□ ̄/)/ なんで !?(俺)


泣くなよ!!








・・・あの、以外と前置きが長くなったんで
次の記事から行きますね・・・?





こ、こんな俺の戯言も読んでくれたら幸い、ということで・・・??

( ノ Д`)




それでは、


ネタ全開捏造SS


「HEAVEN-傍に居て、愛する人~陽月の物語~」



よろしければ、ご鑑賞ください。
プロフィール

朱志香 右代宮

Author:朱志香 右代宮
~現在二十代目~

武術:ルース魔法師団・ナーイ拳術師団・武功門(たまにリズリー戦士団)
仕事:カツーリ協会


~中の人~
ゲームと読書が大好きな2児の母。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。