Live A Berry

 朱志香 右代宮・現在20代目~がお送りする、 ゼーン大陸物語のプレイ日記。 ゲーム内画像の著作権は(株)アルティに帰属します。 ネタバレ等の配慮はしておりません。あしからず。 日記と関係のないコメントは、見つけ次第削除いたします。よろしく。
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
「…っもぅ!!」



そう、怒ってつぶやいた雅が、倉庫から特大いむぐるみを取り出して



そのいむぐるみで、俺をぶん殴った。




「…いってぇな!なにすんだよ!!」





俺の言葉に答えず、ぷい、とそっぽを向いて、背を向けてソファーに座り、黙り込む雅。



ふわふわと舞い上がるワッポ。
投げ出された、破れたいむぐるみ。






…ついに、雅を本気で怒らせた。

原因は…「陽月が可愛かった」からだ。



俺の言い訳としては、鈍ちん全開の頃の楓さんと同じで…
陽月は、妹として可愛くて、それ以上でもそれ以下でもなくて…
神使の装いが似合ってるのが可愛いと、そう言っただけなのだが…




…そこで、雅の瞳に宿った嫉妬に、気付いてやれなかった俺が馬鹿だった。





家に帰ってきてから、大喧嘩になった。





もともとしっかりしていて冷静な雅だから、言い争っても泣き喚いたりしなかったけれど、散々言い争った後で何をするのかと思えば、倉庫に放りこんであった特大いむぐるみを出してきて、俺をぶん殴ったのだ。



そして、俺に背を向けて黙りこんでから、もうどのくらい経っただろう。



向こうを向いて座る雅の髪や背に、ワッポが悲しく揺れている。





…ずっと、愛してきた。
…ずっと、一緒だった。
…ガキの頃から、ずっと…ずっと。



何を今更、と思った。


抱き締めたって、キスしたって…挨拶みたいに思ってた。


でも。






『愛を勘違いしないで』






雅の背が、そう言った気がして



――俺は、家を飛び出した。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://liveaberry.blog57.fc2.com/tb.php/86-877a3817

プロフィール

朱志香 右代宮

Author:朱志香 右代宮
~現在二十代目~

武術:ルース魔法師団・ナーイ拳術師団・武功門(たまにリズリー戦士団)
仕事:カツーリ協会


~中の人~
ゲームと読書が大好きな2児の母。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。